ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  PROFILE  RSS etc.
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「天体観測展」博多ハンズさまVer.展示風景です。 | main | 偶然の一致(!?)が起きていたお話。 >>
2019.03.23 Saturday

思えば、様々な作品を制作しました、の話。

こんにちは。 自然界を紙とキャンバスとボトルに描く人
atelier*zephyrです。

 

「天体観測展」など企画展の告知が続いてきましたが、

普段作っている作品のことも...

 

自然界をテーマに現在は作品を制作していますので、

きのこ多めの初期作品から振り返ってみますと、

自分でも紆余曲折を感じます。

だんだん幅が広がっていった、という感じでしょうか。

 

ベニテングタケひとつとっても、最初と比べると、

作り方がだいぶ変わりました。

 

 

割と最初の頃↑

 

ガラスドーム作品 ベニテングタケ

 

↑最近の作品...ただ、大きさによっても変えています。

 

試行錯誤をしながら、より良い形に...という追求は

今後も変わらないと思いますし、終わりはないのでしょう。

これでいいのか、の言葉の後ろには「?」と「!」が

繰り返し付いています。そしてそれが延々。

果てしない旅のようです。

 

なんて、書いていたらgallery ARCAさまがtwitterにて

たびたびatelier*zephyrの作品をご紹介いただいておりまして

(いつもお世話になり、ありがとうございます)、

客観的に新旧作品を見ると、時々、こういうことを

改めて考えるきっかけになったりしているのです。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

Powered by
30days Album