ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  PROFILE  RSS etc.
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「天体観測展」作品制作中... | main | 制作しました...ミニ原画。 >>
2019.10.30 Wednesday

モックアップに自分の作品をはめ込んでみたら、絵にならなかった話。

今日は、最近あったことから書こうと思います。

モックアップ素材を使ってみたら...というお話。

 

モックアップ、とは元々実物大模型とかそういう意味で、

最近ではPhotoshopなどで額縁やPCなどの画像に

自分の作品を合成して、こんな感じになります〜というように、

ポートフォリオやプレゼンテーション等で使用される

モックアップ素材があります(で、あってるかしら 汗)。

殆どがPhotoshopで使用できるようにPSDファイルで、

有料無料さまざまな種類のモックアップ素材が配布されています。

 

Adobeのページで説明もあります↓

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

考えてみたら、今までのわたしは作品画像を

そのままぼん!とアップしたり、印刷したりしていたので、

モックアップ素材に合成したものも制作して

ポートフォリオに使えたらいいなと試してみました(今頃かい)。

 

ところが。

 

なんかどうやっても、

 

モックアップキャンバス atelier*zephyr

Thanks → http://50graphics.com/

 

いまいちしっくりしてない、絵にならなーい!

 

モックアップ 本 atelier*zephyr

Thanks → starline /✨による設計

しかもこの本のアピール具合が自分でも恥ずかしい.....(滝汗)

 

...ということが判明したのでした(涙)。

 

モックアップ画像は海外の方々の制作が多くて、

画像そのものが凄くかっこいいものもたくさんあるので、

作品画像と合う合わないはあると思うのですが、

この相当な違和感は、わたしの作品そのものに

起因することではと思い知らされたのでした。

 

モックアップ頼りになってしまっても、もちろんいけないと思うのですが、

自分と作品の間にモックアップというものをはさむと、

それだけである程度作品を客観的に見る事ができるのだなというのが、

わたしにとっての発見でした。

 

さらに精進致します...

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

Powered by
30days Album