ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  PROFILE  RSS etc.
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.07.23 Monday

「天体観測展」7月Ver. おぼろ月夜?

こんにちは。 自然界を紙とキャンバスとボトルに描く人
atelier*zephyrです。

 

本日と明日は「天体観測展」はお休みです。

と言うことで、今日も作品のお話で...

 

「おぼろ月夜」というタイトルの作品を出展しているのですが、

 

天体観測展Guignol atelier*zephyrミニ原画 おぼろ月夜

 

薄曇りの空にぼわっと輝く満月を描いた作品で、

思いついたまま、「おぼろ月夜」とタイトルをつけたのですが、

よくよく考えると、おぼろ月夜という言葉は

どちらかというと春の言葉ではと思いつつ、

他の表現する言葉も思い浮かばず、今に至っています

(わたしが知らないだけかも知れません)。

 

最近見た、いつもより黄色みを帯びた光と夜空の色が印象的な夜で、

その色をなるべく再現するため、工夫した作品です。

 

是非ご覧いただけたらと思います。

 

***

 

「天体観測展」
7月13日(金)〜29日(日)

月・火曜お休み
Guignol /JAMPOT (大阪市)
http://天体観測展.jp

#天体観測展

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

2018.07.22 Sunday

【常設作品】ミニボトル作品など、若干ございます。

こんにちは。 自然界を紙とキャンバスとボトルに描く人
atelier*zephyrです。

 

「天体観測展」開催期間のため、当サイト・ブログも

天文系一色になっておりますが、
天文・天体以外をテーマにした常設作品もございます

(と、さりげなくここからPRタイムです^^)。

もし、お時間ありましたら、ご覧いただけると幸いです。


また、神戸のatelier seed / Gallery ARCAさまにも、
きのこや鳥など天文以外の自然界をテーマにした、

作品をお取扱いいただいております。
現在は制作終了致しました、ミニボトル作品も若干数ございます。
こちらもよろしくお願い致します。

 

木とドクベニタケミニボトル作品

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

2018.07.21 Saturday

「天体観測展」7月Ver. 小惑星セレス。

こんにちは。 自然界を紙とキャンバスとボトルに描く人
atelier*zephyrです。

 

本日も大変な暑さです。

もう溶けそうな日々... T_T

皆様も熱中症に十分お気をつけ下さい。

 

さて、今回は、作品のモチーフにもした、小惑星セレスのお話を...

 

atelier*zephyr天体観測展出展ミニ原画 半立体小惑星セレス

 

セレス(ケレス)は火星と木星の間に無数に存在する

(本当にたくさん存在するので、その領域は小惑星帯、

またはメインベルトと呼ばれています)、

小惑星の中で一番大きなもので準惑星のひとつです。

小惑星番号も1番が割り振られています

(作品ラベルにも"1"を入れてみました)。

 

最近、非常に反射率の高い、光る2つの点のような領域が

発見された事で話題になったこともあります(氷では

ないかと推測されています)。

本作品にも2箇所の光る点を入れています。

 

灯りのあるお部屋にしばらく設置いただくと、

消灯後は全体が青白く光ります。

 

ラベルタイトル横のマークは惑星記号と言って、かつての

天文学や(現在は殆ど使われない)、占星術では今も使用されています。

 

小惑星セレス 惑星記号

 

セレスのマークは豊穣の女神ケレスが使う、

穀物収穫用の鎌から来ている...らしいです。

 

セレスを初めとする小惑星は、命名された物だけでも2018年5月現在で約21,000、

軌道が確定し、番号がついた物だけでも、約52万(彗星などその他の小天体も

入れると...ぬぬ、なんだか億いってる気が O_o)もあるそうで、

今も新たに発見され増え続けています。

中には地球と軌道が近かったり、横切るものもあります。

 

※参考サイト様

IAU Minor Planet Center

 

あまり書きすぎると、プライベートブログ状態になるので(滝汗)、

この辺にしたいと思いますが、太陽系や天体・天文学に

興味を持っていただける方がおられましたら、とても幸いに思います。

 

天体観測展追加作品ミニボトル

※以前の天体観測展に出展した、冥王星と主な小惑星の試験管ボトル作品です

(Sold Outです。ありがとうございました)。

 

***

 

「天体観測展」
7月13日(金)〜29日(日)

月・火曜お休み
Guignol /JAMPOT (大阪市)
http://天体観測展.jp

#天体観測展

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

2018.07.20 Friday

「天体観測展」7月Ver. ガラスボトルandガラスドーム作品....

こんにちは。 自然界を紙とキャンバスとボトルに描く人
atelier*zephyrです。

 

連日猛暑の中、たくさんの方に足をお運びいただき、感謝申し上げます。

引き続き、熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

今日はガラスボトル+ガラスドーム作品のお話を...

 

特に「天体観測展」では太陽系模型(オーラリー)を

テーマに数点制作してきましたが、最初は試行錯誤の連続でした。

 

木星など、縞模様のある惑星の模様付け、

ぐるっと一周描いたら最初と最後がかみ合わない!とか、

 

明らかに縞模様が全体的に斜め!とか、

 

土星の環がうまく切り出せない、とか

(これはわたしにとって最大の難関でした)、

 

コツをつかんでからは、作業がさらに楽しくなりました。

 

太陽系の新たな発見も日々あったりしますので

(先日も木星に新たな衛星が12個確認され、

合計79個の衛星ということになったというニュースがありました。

大所帯です^^)、時々、そういったニュースや論文も読みつつ、

制作しています。

えっ、そうだったの!?とついつい読み込んでしまい、

作業が進まない事もありますが...(いかんいかん)。

 

天体観測展出展作品 太陽系模型ガラスドーム

 

太陽系模型 コルクガラスボトル作品

 

以前、記事に書いた記憶があるのですが、

元々信じられないくらいの不器用で、

そのわたしがこのような立体作品を制作することに

なろうとは、夢にも思っていませんでした。

不器用である、というコンプレックスが

逆に推進力になったのかなとも振り返って思います。

さらに精進していきたいと思います。

 

***

 

「天体観測展」
7月13日(金)〜29日(日)

月・火曜お休み
Guignol /JAMPOT (大阪市)
http://天体観測展.jp

#天体観測展

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

2018.07.16 Monday

「天体観測展」7月Ver. 月の前を通過するもの。

こんにちは。 自然界を紙とキャンバスとボトルに描く人
atelier*zephyrです。

 

「天体観測展」、月・火曜とお休みということで、

今日は、作品のお話を。

 

天体・天文に関するイベントということで、

何度か参加させていただいているのですが、

最近では、月と何か、という絵が多くなりました。

過去記事もご覧いただければと思います↓

「天体観測展」月の作品、今回も...

 

atelier*zephyr天体観測展出展ミニ原画 昼の月と鳥

 

atelier*zephyr天体観測展用ミニ原画 雲間の月と渡り鳥

 

三日月と森と動物たち 水彩色鉛筆画

 

↑2枚目、3枚目の作品はSold Outになっております。

ありがとうございました。

 

天体観測展2017 半立体原画 地球照

↑こちらは以前展示した作品です。

 

月のあるさまざまな風景を描いておりますが、

実際、月の前を何かが横切る瞬間というのは、滅多にお目にかかれません。

月ではないですが、個人的に最大級だったのが、

2012年、金星が太陽の前を通過した現象だったと思います。

 

金星太陽面通過 2012年

↑黒い●が金星です。太陽は緑色(望遠鏡のレンズにフィルターをかけているためです)の部分です。

うちの古い望遠鏡とカメラではこれが限界でした(泣)

 

それでも、あっ、鳥のような影が、とか

飛行機が横切った、に遭遇すると何故か嬉しくなります。

同時に、地球と月と自分と飛んでいくものの距離を

急に実感できて不思議な気持ちになります。

 

***

 

「天体観測展」
7月13日(金)〜29日(日)

月・火曜お休み
Guignol /JAMPOT (大阪市)
http://天体観測展.jp

#天体観測展

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

Powered by
30days Album